コーチング

時間と人生の満足度を上げるタイムマネジメント・コーチング

ダラダラしてしまうという悩み

ダラダラしてしまうという悩み

「私、ダラダラしてしまってそんな自分がイヤなんです。」という悩みを聞きます。

この前のコーチング・セッションでもありました。滝井個人としては、少々のダラダラも

OKであり、人間リフレッシュも必要!だと思うのですが、ご本人としては「ご自身の改善

ポイント」と考えておられる真剣な悩みなので、自分の意見はぐっとこらえてコーチ滝井として

コーチングします。

皆さんならどう考えますか?

 こういう方の考えられるポイントとして三つあります。

一つは、自分が思っているより結構いろいろとやっているということ。

仕事や生活をしていると、数多くの小さなことをやっているものです。しかもそれは

ゴミ箱のゴミをまとめて出すとか、メールの振り分けを設定するとか小さなことなので、

記録するほどの仕事でもありません。しかし、チリも積もれば山となる。そういう雑務も、

まとめてやれば1時間や2時間はあっという間に過ぎてしまいます。なのに、達成感もさほど

ありませんから記憶にも残りません。その方も聞いてみると、案外いろんな仕事を

やられていました。問題は、達成感の得られる事を設定されていないということとなります。

 二つ目は、ダラダラは次の行動の逃避であるということです。次の仕事に手を付けるのが

なんとなくイヤなんでしょうね。(笑)でも、コーチングではそのイヤな理由も深掘りします!

すぐコーヒーを飲みに行ってしまうのは、電話の応対がイヤだから。布団から出たくないのは

寒いからではなく今日の体育の時間がイヤだから。悶々としている時間をダラダラしちゃう

自分・・・と感じてしまっています。

 そして三つ目は、この人に余裕があるということです。

人間、時間の制約があるとその時間内に仕事を収めようとしてパッパと仕事を

するものです。時間の制約や、自分の能力相応かちょっと上の仕事が無いと、全力で

仕事はしません。一つの仕事をのんびりやってしまったり、次の仕事までの休憩を多く

取ってしまい、「あー、だらだらしてしまう私・・・」と思ってしまうのです。

しかし「この仕事をする時間は1時間しかない!」と思えば、なんとか時間の

使い方を考えて、一生懸命取り組みますよね。【仕事は忙しい人に頼め】という言葉もあるくらい

です。ですからこの場合は、逆説的ですが仕事やすることを増やすと効果があります。

この人は結局、習い事を始め、その為のお金を捻出したいとアルバイトをし、忙しく

なったことでご自身の時間の使い方が上手くなったと実感されました。

 ダラダラしてしまうという悩みを持つあなた、実は余裕がある人かもしれませんよ。

いろんなことを引き受けて、やることを増やしてはいかがでしょう?

実は、自分がものすごくテキパキ仕事のできる人だった!なんて発見するかも!(^^) 

◆今日のポイント◆

	時間の使い方が上手くなりたいなら、仕事を増やす

※この文章は2017年2月のメールマガジンを加筆修正したものです。

s_繝€繝ゥ繝€繝ゥ蟆大ケエ

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional