コーチング

時間と人生の満足度を上げるタイムマネジメント・コーチング

コーチングとは

コーチングとは

コーチングCoaching)とは、人材育成の手法の一つです。
コーチとの会話、コミュニケーションにより、自ら気づき、やる気をもって行動をスタートすることができるようになります。
ここでは、コーチングの大切にするもの、滝井のミッションについてもお伝えします。

話す

コーチングは、あなたの頭の中に内在しているものをアウトプットすることにより、
アイデアに形を与え、考えを整理し、やる気を生み出す手法です。
じっくり自分にフォーカスしてコーチと対話することで、
気づき、整理され、行動力が生まれます。
話すことの効果は、すっきりすることだけではないのです。
話しているうちに気づきが起こる「オートクライン」という現象も生じます。
あなたの中にあるものを言語化し、放出していく作業は、自分発見にも繋がるでしょう。
コーチは思考する質問を提供し、思考のサポートをします。
「教えるのでなく、引き出す」 それがコーチの役割の一つです。


s_a0002_008357 (1)

気づく

人は他人に言われたことより、自分で気づいたことを一生懸命やるもの。
対話によって課題を自己解決していけるのです。
その為にコーチングでは簡単に教えたり、評価、批判、操作をしません。
多様な視点の提供により、自分の中にパラダイム・シフト
(考え方の変化)が起こることを目的とします。
自ら気づく、そして学ぶことで自己成長を促すのです。

やる気

ぼんやり見えていたアイデアのイメージがどんどんクリアになっていくと、それはあなたの目標、夢、ゴール・・・と呼ばれるあなたを
モチベートするものになっていきます。
やる気はそこから生まれます。
やる気は誰かに言われて出てくるのでなく、自分の中からしか出てきません。
内発的に動機が生まれることによって、成果に結び付く行動となるのです。
クライアントさんが自発的に行動できる人になり、
目的を達成できるようサポートすることがコーチの役割です。
誰かの指示を待ち続ける人は、誰かに依存している人。
コーチングで自身の中で考えることで何かに依存することなく
自ら主体的に行動できるようになります。

行動をスタートする

言語化されていない曖昧な思いでは、行動に移せません。
会話で引き出して、アイデアを具体化して明確に形を与えていきます。
そしてアイデアは実現・実行しなければ意味がありません。
過去、現在の行動の結果が今のあなたです。
行動を変えないと、未来の結果は変わりません。
時に背中をそっと押してあげるのもコーチの仕事です。

コミュニケーション

人は人と関わることによって成長が加速されます。
コーチはクライアントさんとのコミュニケーションの中で、クライアントさんの高い能力が発揮されることを信じ、サポートします。
人に受容される感覚は、安心感、自己肯定感に繋がり、
人に発した言葉には、責任を伴い現実味を帯びてきます。

コーチングの大切にするもの

こんな言葉があります。
「過去と他人は変えられない。未来と自分は変えられる」
つまり、「人にこうしてもらおうではなく、自分が動こう。過去を振り返るより、未来を変えようよ。」ということ。
自分の人生を演出するのは自分しかいません。
自分の理想の為に、自らどう動くか・・・ということを
考える時間を持っていますか?

ミッション

屋号のオフィス・フォンタナには、「湧き出る泉」という意味があります。
クライアントさんご自身から言葉やアイデア、パッション、
エネルギー、既に持っている能力などが、
泉の水が湧き出る様に、溢れてくる・・・そんなイメージ。
個人の考える力やパフォーマンス向上をサポートをし、
幸せにな人生への貢献をしていきます。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional